いつから受ける?

結婚式の日取りが決まり、それまでの準備としてブライダルエステを受けたいと思った時、いつから始めるのが良いのか知っておきたいものです。ブライダルエステを受ける時期には特段決まりはありませんが、一般的に多いとされているのは3ヶ月前です。

結婚式の約3ヶ月前になってからエステを調べはじめ、そこから準備が進められる事が多いです。3ヶ月あれば、部分的に痩せたいところへのケアも間に合いやすいです。肌ケアだけではなく、痩せたい箇所がある場合には、出来るだけ余裕を持って施術を受け始めるのが望ましいと言えるでしょう。

しかし中には、結婚式の準備や仕事の関係でなかなか時間を確保できない方も少なくありません。そういった場合には、直前のケアのみで行われる事も多く、1ヶ月前頃から開始されるケースがあります。ただ、1ヶ月など短い期間で行う場合、繁忙期だと予約がなかなか取れない場合もあるため、出来れば余裕をもって受けられるのが望ましいです。

短い期間のみ受ける場合、気になっている箇所のみのコースで問題ありません。また、エステが自分に合わない可能性もあるため、肌荒れなどを起こしてしまわぬよう、お試しのプランで一度経験し、そこから本契約を結ぶと安心です。

参照ページ〈ブライダルエステ体験 たかの友梨〉

人気の部位

ブライダルエステを受けようと考えている方は、具体的にどこをケアしてくれるのか分からない事もあると思います。定番でもあり、人気のある部位としては「フェイシャル」「デコルテ」「ワキ」「二の腕」「ハンド」「背中」「ウエスト」があげられます。

これらに共通する点としては、どれもウェディングドレスを着た際に肌が露出する可能性が高い部分です。そのため、ブライダルエステでは下半身へのケアは行われない事が多いです。ウエストはドレスに隠れ、ハンドはグローブをつける事が多いため、隠れる可能性も少なからずあります。

ただ、ウエストに関しては肌を綺麗に見せるというより、メリハリのあるボディラインを作り出すためのケアを行う意味で、エステを受けられる理由の方が多いです。肌が露出する部分だけではなく、花嫁姿としてのシルエットが美しく見えるようにするために、必要なケアが施されていきます。

当然、顔やデコルテ、背中など目立つ部分のケアは徹底的に行われます。当日まであまり時間的な余裕がなかったとしても、少しだけケアしてもらうことでも十分に効果を期待出来ます。人生で一度きりになる可能性が高い結婚式に、最高に美しい姿で参加するためにも、ブライダルエステはとても役立つ存在です。

式の準備にブライダルエステ

女性にとって、人生で一度きりとなりえる晴れ舞台の結婚式は、思い出に残る1日にしたいものですし、周囲から綺麗に見られたいものです。当日までの体のケアは自分で管理するのも良いですが、専門スタッフに任せるブライダルエステもおすすめです。当サイトではブライダルエステに関する情報を紹介しています。

ブライダルエステと通常のエステでは何が違うのかと気になる方もいると思います。一般的なエステは美容を維持するために行われるのが最もな目的であるのに対して、ブライダルエステは結婚式当日のために、体の状態を仕上げるために行われます。式の当日まで集中的なケアを行い、より綺麗な状態で、誰に見られても恥ずかしくない美しい姿を作り出します。基本的には肌へのケアが重点的に行われ、痩身エステのような小顔作りやボディのシェイプアップなどもされる場合があります。

一般的に、式まで余裕をもってスケジュール管理をしつつ行っていくのが多いですが、時間が少なくても問題ありません。式まで3ヶ月程度、はたまた1ヶ月しかないという場合にも、ブライダルエステは受けられます。短い期間内でも重点的にケアをするスケジュールが組まれ、綺麗な肌を作り出していけます。仮に1日しか受けられなかったとしても、肌に潤いを与えたり、細かいケアが出来たりしますし、式の準備で疲れた気持ちを癒す効果もあります。最高の自分の姿を当日に作り出すため、多くの方がブライダルエステを利用しています。